2022年6月29日

バルベナジントシル酸塩カプセル勉強会を行いました。

令和4年6月28日(火)福智クリニックにて遅発性ジスキネジア治療剤「バルベナジントシル酸塩カプセル」の勉強会を行いました。

遅発性ジスキネジアとは、自分ではなかなか止められない、止めようとしてもすぐに動いてしまうなど、自分の意思とは無関係に起きる運動をもたらす神経の障害であり、抗精神病薬などのお薬を使用することで発症することがあると言われています。

代表的な症状として、無意識に口をすぼめる、舌を動かす、口をもぐもぐさせるなどが挙げられます。また口や顔以外に、手が勝手に動いてしまう、足が動いてしまって歩きにくいなど、手足や体にも症状がみられることがあります。

人により発症する部位や程度は異なりますが、食事、会話、呼吸など様々な日常活動に影響を及ぼします。勉強会ではよくみられる症状をビデオでいくつか見させて頂きました。遅発性ジスキネジアの発症のメカニズムはまだ解明されていませんが、ドパミンに対する感受性が増大され、運動に関する情報が過剰に伝達されてしまい、自分の意思とは無関係な運動を引き起こしていると考えられています。

バルベナジントシル酸塩カプセルは過剰な情報伝達を抑制して、遅発性ジスキネジアを改善するお薬となっています。

日本では令和4年より発売となった新薬となります。

服用の際は条件などありますが、原疾患の治療を続けながら併行して遅発性ジスキネジアの治療が出来るそうです。まずは診察の際に医師や薬剤師などにご相談下さい。

2022年6月27日

福智会納涼会2022のお知らせ

福智会納涼会2022のお知らせです。

福智会納涼会2022のお知らせ日時:7月10日(日)
会場:吹上展望ホール

盆踊りや寸劇など様々な企画を用意しております。

お時間のある方はぜひご参加下さい。

プログラム詳細は写真にてご確認お願いします。

プログラム表は福智外来でも配布しておりますので

ご自由にお取り下さい。また、分からないことなどありましたら

気軽にお声がけ下さい。皆様の参加をお待ちしています。

2022年6月21日

片頭痛治療剤 ラスミジタンコハク酸塩の勉強会に参加しました。

令和4年6月15日福智クリニック医局にて、新しい片頭痛治療剤であるラスミジタンコハク酸塩の勉強会を行いました。

日本で片頭痛に悩まれている方は人口の約8.4%、900万人いると言われているそうです。しかし、実際に受診して治療を受けている方は、その内の40~50万人程度にしか過ぎないようです。

これまで、片頭痛が起きた時に飲むお薬としてはトリプタン製剤が主に使われてきました。通常の内服薬や点鼻薬、注射剤などいろいろな剤形があり、自分に合うお薬を選択しやすいのですが、痛みが強くなってからでは効果が出にくいこともあり、服薬のタイミングの難しさが課題と言われていました。

今回、発売されたラスミジタンコハク酸塩は、初めてのジタン系製剤で、セロトニン1F受容体に選択的に作用し、血管を収縮させずに頭痛を消失、改善することができるお薬だそうです。症状によって50mg~200mg/日まで使うことができます。しかし、お薬に慣れるまでには眠気やめまいなどの症状が出る方もいらっしゃるようです。

このように、片頭痛治療の選択肢が増えたことはとても良いことだと思います。そもそもその頭痛が片頭痛であるのかをきちんと相談された上で、治療をしていくことが大切です。頭痛でお困りの方がいらっしゃいましたら、診察にてご相談下さい。

2022年6月13日

ベンラファキシン勉強会を開催しました。

令和4年6月7日、福智クリニック医局にてベンラファキシンの勉強会を開催しました。

うつ病はセロトニンとノルアドレナリンが関与しており、セロトニンは抑うつ気分、無価値観などの不安症状に、ノルアドレナリンは集中力や活力の低下など意欲の低下に影響すると言われています。

ベンラファキシンは抗うつ薬の1つで、中枢神経や末梢神経に存在するオピオイド受容体に働きかけ、うつ症状などにアプローチするそうです。

またセロトニンを運ぶ役割をする物質である"セロトニントランスポーター"の占有率が高く、用量は37.5㎎から最大225㎎まで調整可能です。

低用量から服用することができ、不安障害やうつなどといった症状ごとに用量を調整することができます。

また、今回取り上げたベンラファキシン以外にも抗うつ薬はありますので、飲み合わせ・効果の感じ方・副作用などをふまえ、ご自身に適したお薬を選択して頂けたらと思います。

お薬のことで気になることがありましたら、診察で医師にご相談下さい。

2022年4月26日

名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会に参加しました。

令和4年4月23日(土)名古屋ルーセントタワーにて「名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会」が開催されました。

【一般講演】 愛知医科大学 精神科学講座 藤田貢平先生 『アセナピンの使用経験と展望』

アセナピンは統合失調症の治療に使われるお薬です。これまでのお薬に比べ、副作用である錐体外路症状※や血糖値の上昇を防ぐことが期待できるそうです。

そのため、抗精神病薬の服用により錐体外路症状の出やすい方、糖尿病の方などにも使っていただきやすいお薬だそうです。

※錐体外路症状とは、ジストニア(首や体がつっぱって曲がってしまう)、ジスキネジア(口をもぐもぐさせる、舌が出てしまうなど自分の意思で止めることができない動き)、アカシジア(じっとしていられない)、パーキンソニズム(手足がふるえる、小刻み歩行)などの症状のこと。

また、アセナピンは舌下錠であるため、内服する際、

①舌の下に薬を置き、飲み込まない
②服用後、10分間は水分摂取を控える

という注意点があります。

しかし、先ほど触れたように副作用が少なく、過鎮静(お薬が必要以上に効きすぎてしまい、眠気やふらつきが起こってしまうこと)になりづらいというメリットがあります。

これまでどのようなお薬で治療されてきたか、どういった症状に困っているか、どのようなライフスタイルかなど診察でお話していただき、主治医と一緒にご自身に合ったお薬を選んでいただければと思います。

【特別講演】 関西医科大学 精神神経科学教室 教授 木下利彦先生『Art Brut(アール・ブリュット)の世界』

Art Brutとは、生の芸術と言われています。精神病患者に限っているわけではありませんが、精神病患者の作品が中心となっています。病気を抱えながら、極度の苦しみの中で作品を作り出すため、「芸術と狂気」とも表現されるそうです。

このようなArt Brutから見る統合失調症患者の絵の特徴として、

①目に対してのこだわり
②真正面から人物の顔をとらえる
③線で書く

の3つが挙げられます。

この他にも、シンメトリーが多い、意味があるないに関わらず文字が入るなどの特徴もあるようです。

Art Brutは、美術教育を受けていない人が内的衝動に駆られて作りあげられた芸術であると定義されています。今回の講演では、アドルフ・ベルフリをはじめ、入院生活が長い統合失調症患者の作品をご紹介いただきました。

目に対してのこだわりが現れている作品は多数あり、その理由の一つとして「目は社会性の原形で、言葉によるコミュニケーションよりも重要であると考えられている」という説もあるそうです。

当院のデイナイトケアでも、ものづくりなどのプログラムを行っています。私たちスタッフも患者さんと一緒にプログラムの中で多くの作品に触れ、学んだことを思い浮かべながらプログラムに取り組んでいきたいと思います。

2022年4月15日

ボルキオキセチン勉強会を行いました。

令和4年4月14日、福智クリニックにてうつ病の治療薬ボルキオキセチンの勉強会を行いました。

うつ状態になるとノルアドレナリンやドパミンの分泌量が低下し、楽しいことを楽しいと感じなくなったり、悲しいことを悲しいと感じなくなったりする"エモーショナルブランティング"というものが出現します。

ボルキオキセチンは"エモーショナルブランティング"に働きかける薬で、個人の意欲や認知機能を向上させる働きがあり、QOL(生活の質)の向上やリカバリーに繋がるお薬となっています。

また個人差はありますが、離脱症状が出づらく、服薬時間に制限がないため、患者さんの意向や生活リズムに合わせて服用できることなどがメリットとしてあげられるそうです。
 
今回取り上げたボルキオキセチン以外にもうつ病の治療薬はありますので、ご自身に適した薬を選択して頂けたらと思います。

何か気になることなどありましたら診察などで医師にご相談下さい。

2022年4月 7日

パリペリドンTRIの勉強会を行いました。

令和4年4月5日(火)、福智クリニック医局にてパリペリドンTRIの勉強会を行いました。

パリペリドンTRIは、パリペリドンLAI(4週間隔筋注製剤)をもとに効き目の長さを12週間に延ばした製剤です。

パリペリドンTRIでは、12週に1度注射することで、その間服薬する必要がなく、薬を飲み忘れるといった心配もありません。統合失調症の治療において、服薬を継続することは再発を防止するためにとても大切になります。

また、パリペリドンTRIはパリペリドンLAIに比べ注射負担や通院負担が軽減し、投与の確実性も向上するため、就労を目指す方に大きなメリットになります。

しかし、内服治療を続けたい方や注射による痛みが気になる方などもいらっしゃると思いますので、それぞれのライフスタイルによって自分に適した服薬方法を選択していくことが重要となります。

もしご興味などありましたら一度診察にてご相談下さい。

2022年3月30日

スボレキサント勉強会を行いました。

令和4年3月14日(月)福智クリニックにてWEB勉強会を行いました。

順天堂大学大学院医学研究科 精神・行動科学 先任准教授 臼井千恵先生による不眠症をテーマとした講演でした。

うつ病と不眠症は密接に関連しており、海外で行われた調査ではうつ病患者の84.7%に不眠症状がみられ、うつ病が寛解しても睡眠障害があると再発率が高くなることが報告されています。

その不眠症状には入眠困難(なかなか寝付けない)・早朝覚醒(朝早く目が覚める)・中途覚醒(夜中によく目が覚める)といったタイプがあります。

不眠症の治療にはまず日常生活を見直し、生活習慣を改善することが重要となります。

就寝前のカフェイン・アルコール・喫煙・激しい運動を控える、寝る前にスマホなど明るい光を見ないなど不眠の原因となる生活習慣を見直すことが最優先です。

また必要な睡眠時間は人によって異なるため、日中の眠気で困らない程度の自然な睡眠をとること、それでも眠れない場合などは専門家に相談することが大切とのことでした。

今回取り上げられた不眠症治療薬"スボレキサント"は睡眠維持効果に優れたお薬と知られ、日本で発売してから約7年になるそうです。

スボレキサント以外にも不眠症に関する治療薬はいくつかありますので、薬や不眠症状のことなどで何か気になる点などございましたら、診察で気軽に医師にご相談ください。

2022年3月16日

「医療安全対策講習会」に参加しました。

令和4年3月8日(火)、医療スタッフを対象としたWEBによる医療安全対策講習会に参加しました。

  • 演題:「コロナ禍における感染症対策について」
  • 講師:弘前大学特任教授 鹿児島大学名誉教授 秋葉 澄伯先生

秋葉先生の講演では新型コロナウイルスに関する情報や感染対策が主な話題として取り上げられていました。

新型コロナウイルスは、ウイルスを含む飛沫、又はエアロゾルと呼ばれる更に小さな水分を含んだ状態の粒子を吸入することによるエアロゾル感染で広がることが分かっています。人は無意識に1時間当たり約23回顔を触っているというデータもあり、ウイルスを含む飛沫が目や鼻、口に直接接触することで感染します。

新型コロナウイルスに感染しても自覚症状がない方もいますが、症状の有無に関わらずウイルス量に差はないそうです。また、部屋の換気については1時間に2回以上を推奨しており、湿度を40%~60%で維持すると良いそうです。

空気が乾燥するとウイルスが存在しやすくなり、私たちの体の免疫システムも低下するため、感染リスクも高くなります。

新型コロナウイルスは生存時間が長く、インフルエンザウイルスが約1.8時間なのに対して、新型コロナウイルスは皮膚上で約9時間も存在するそうです。対策としては、80%濃度のエタノールによる15秒の消毒が有効とのことでした。

また、ワクチンの抗体価について、自然感染した場合よりもワクチンを接種した方が抗体価は高くなるそうですが、下がり方も速いため、接種後半年が経過すると差はほとんどなくなるそうです。

現在、愛知県でもまん延防止等重点措置が実施されており、新型コロナウイルスに感染するリスクは非常に高いものとなっています。

当院は外来だけでなく、精神科デイケアも併設しているため、換気や検温器の設置、待合の座席の距離の確保、定期的な消毒作業などの対策を行っていますが、今回の講習会で学んだことを再確認し、今後も出来る限りの感染対策を徹底していきたいと思います。

2022年3月 2日

便秘薬 ルビプロストンカプセルの勉強会に参加しました。

便秘薬 ルビプロストンカプセルの勉強会に参加しました。令和4年3月1日、福智クリニック医局にて、便秘症の治療薬であるルピプロストンカプセルの勉強会を行いました。

便秘になったことがある方はたくさんいらっしゃると思いますが、今回の勉強会では、①うつ病などの精神疾患や糖尿病などの持病をお持ちの方②60歳以上の方が便秘を起こしやすいというデータが紹介されました。

また、持病の治療薬によって便秘を起こしてしまうこともあります(薬剤性の便秘)。便秘の状態が続くとQOL(生活の質)が下がってしまい、便秘の重症度が気分の落ち込みにも影響するという研究結果があるそうです。

便秘薬には、毎日内服するものや、刺激性の下剤など様々なタイプのものがあります。

刺激性の下剤の場合、頻回に使用し続けていると徐々に体が薬に慣れてしまい(耐性)、薬を使っても効果が出にくくなる場合もあるようです。

それに比べ、ルビプロストンカプセルは小腸の水分量を増やし、自然な排便を促すという特徴があります。

便秘の重症度やライフスタイルなどによって、適している薬は異なります。当院通院中の方で便秘にお困りの方がいらっしゃいましたら、一度診察でご相談いただければと思います。

2022年2月10日